【ピッチ除去】(ダイハツ)タント

「ピッチという汚れをご存知ですか?」
ピッチはアスファルトの油分が原因で車の下回りに固着してしまう油性の汚れです。付着したばかりであれば、やわらかいので簡単に洗い流すことが出来ますが、時間の経過で固まってしまうとなかなか取れない頑固な汚れになってしまいます。今回ご依頼いただいた車両は(ダイハツ)タント。新車ですがピッチの被害に合ってしまいまいました・・・。

ピッチ汚れとは?

ピッチはアスファルトの油分が太陽光などの熱により溶け出すことが原因で付着してしまう汚れで、時間の経過で乾燥すると固まって取れなくなってしまいます 。 主に舗装したばかりの道路を走行すると付着しやすく、道路を走行した際にタイヤにくっついて走行と同時に跳ね上がってしまいます。

走行による跳ね上げが原因ですので、車の下回りを中心に黒い小さな粒上の汚れが所々に付着してしまいます。無理にこすって取ろうとしてもなかなか取れません・・・。

クリーナーで除去

ピッチ除去には専用のクリーナーを使用して、ピッチを溶かして除去することが出来ます。この際に使用するクリーナーはピッチ自体に反応するのでボディへのダメージが少ない状態で、ピッチ除去をすることが出来ます。

ピッチで痛んだボディを修復

ピッチ除去作業によるボディのへの影響が少ないとはいえ、アスファルトの汚れが固着してしまったボディですので、しっかりとアフターケアすることでコーティングの性能を長持ちさせることが出来ます。今回はコーティング被膜上の汚れを取りながらコーティング自体を強固に維持することが出来る「コーティングメンテナンス(フッ素コート仕上げ)」を行わせてもらいました。

スッキリきれいに

「ピッチ除去+新車コーティングを整えるメンテナンス作業」でピカピカな状態に復活しました。汚れを取るだけでなく、汚れが付きづらい仕上がりとなっていますので新たな汚れへの対策もバッチリです。安心してご走行ください。

本日の作業

(ダイハツ)タント Sサイズ
ピッチ除去全面:6,000円
コーティングメンテナンス:8,000円
※外税価格