コーティングを掛けていても・・・汚れてしまうの!?

こんにちは!

「富士市の洗車&カーコーティングが自慢のガソリンスタンド」

井出信石油の井出幸輝です(^^)

最近ではコーティングを施工しているお車を、よく見るようになりました。

ただ・・・

皆さんはコーティングを施工していても、メンテナンス次第でお車が汚れてしまうことをご存知ですか?

コーティングを施工していても付着してしまう汚れ

お車には雨や紫外線・樹液など・・・

さまざまなものが原因となり、”汚れ”として固着してしまう可能性があります。


※クリックすると画像が大きくなります

今回のお車は中古車で、購入時にカーコーティングを施工しているにも関わらず・・・

ポツポツとした汚れが固着して通常の洗車では落ちない汚れになっていました。

汚れが付いたら、放置or除去?

一般的に「コーティングを施工していると”汚れない”」というイメージを持っている方が多くいらっしゃいますが、それは違います。

正確には「コーティングを施工しておくと”汚れづらい”」のです。

どんなに高価で高性能なコーティングを施工していても、必ず何らかの原因で汚れてしまいます。

コーティングをキレイに維持する為には、定期的な洗車や定期的なメンテナンス(コーティングの被膜保持)が必要です。

今回はコーティング被膜のメンテナンスとしてコーティング被膜表面の汚れを除去し、コーティング被膜をより長く保持できるようにするための作業(Car cosating 100)をさせてもらいました。

ポリッシャーでコーティン被膜上の汚れを除去し100日耐久のコートで、コーティング被膜に潤いをプラス☆☆

ピカピカに仕上がりました!

 

洗車&コーティングのご利用は井出信石油を!
~富士市の洗車が自慢のガソリンスタンド~ Let’s car wash !!

友だち追加