ヘッドライトの曇りを解決 【(スバル)レガシー編】

こんにちは!

「富士市の洗車が自慢のガソリンスタンド」

井出信石油の井出幸輝です(^^)

ごく稀ですが、ヘッドライトが白く曇っているお車を見かけます。

気になりますよね・・・。

今回はヘッドライトのレンズに関する曇り・小キズについての作業を記事にします。

「ヘッドライトクリーニング」でクリアなレンズに復活することができます!

ヘッドライトクリーニングとは?

ヘッドライトの曇りや小キズは「ヘッドライトクリーニング」により解決できます!

ヘッドライトクリーニングとは、ポリッシャーという機械を使ってヘッドライトを磨く作業のこと。

曇りや小キズであればスッキリと透明感のあるレンズに復活することができます。

ヘッドライトの曇りと小キズ

今回、お客様のお車にはレンズの曇りと小キズが確認できました。

レンズの曇り

一般的にレンズの曇りは紫外線による影響が考えられます。ヘッドライトの素材は樹脂ですので紫外線により劣化した樹脂の表面を磨くことで解決できます。

小キズ

走行時による飛び石等、何らかの原因で付いてしまった小キズ…。微少なものであれば磨きにより解決できますが、キズの具合によっては解決出来ない場合も。今回は目視で確認できるくらい深いキズとなっていました。

磨き作業の開始

ヘッドライトの磨き作業にはポリッシャーという機械を使用します。

まずは手作業である程度の曇りを落とし、機械で本格的に磨いていきます。

磨き後には再び汚れが付きづらくなるようにガラスタイプのコーティングを掛けて仕上げることで透明感のあるツヤも引き立たせることができます。

仕上がり

小キズは深く、残ってしまいましたが…

レンズはこの通り透明感のある新車のような仕上がりとなりました。

まとめ

どんなにお車のボディがピカピカでもヘッドライトのレンズが曇っていてはお車の印象も変わってしまいます。

ヘッドライトによる曇りに悩んでいる方はたくさんいらっしゃいますので、まずは当店にご相談ください!

今回の作業

洗車・カーコーティングのご利用は井出信石油を!
~富士市の洗車が自慢のガソリンスタンド~ Let’s car wash !!

友だち追加