突然の雪・・・スタッドレスタイヤの効果とは?

こんにちは!

井出信石油㈱、店長の井出です(^^)

昨日は3月後半というのに関東地方でまさかの積雪となりました・・・。

静岡県は雪があまり降らない地域ですが、突然の雪に対する備えは、やはり必要と感じました。

雪道での走行はスタッドレスタイヤを!


※2018年3月22日 読売新聞朝刊記事より

3月に入り、お客様から、

「もう雪降らないよねー。」
「もう夏用タイヤに戻しても良いよねー。」

などと聞かれることが多くなり、当店でも実際にタイヤを夏タイヤに戻す作業依頼も増え始めています。

スタッドレスタイヤは雪道での走行をベースに設計されているので、夏用タイヤに比べて乾いた路面では走行音が響きやすく、雨天時には止まりづらくなってしまいます。

ですので雪道以外の道路での走行は若干のストレスに感じてしまう方も多いようです。

また、乾いた路面での走行により、スタッドレスタイヤの生命線とも言うべき溝の磨耗も進行してしまいます。

このような理由から、雪の心配がないであろう3月に入ってから、スタッドレスタイヤから夏タイヤへと履き替える作業は全国的に増加する傾向にあります。

ところが・・・昨日の関東地域での積雪!

富士市近郊では御殿場でも雪が降り、富士地区にお住まいの方でも仕事や通勤などで影響を受けた方は多いと思います。

スタッドレスタイヤは冬用タイヤ

皆さんは、雪が降らなければスタッドレスタイヤは必要ないと思っていませんか?

スタッドレスタイヤというと、雪が降る地域で使用するタイヤと思っている方は多いと思います。

実際、そうなのですが・・・

厳密に言うとスタッドレスタイヤは「冬用タイヤ」なのです。


※スタッドレスタイヤはタイヤ表面のギザギザな溝で雪道での制動性能を発揮している

雪の降る可能性が少しでもあるのなら、

”冬はスタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)を履いて突然の雪に備える”

そうすることで今回ような万が一の”雪”でも、しっかりと対応することができ、安全に走行することができます。

今後に向けて・・・

当店でもスタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)から夏用タイヤへの交換作業のアナウンスとして、いい経験となりました。

「3月といえども油断はできません!」

来年以降も同じようなケースが起こりえることを記憶に残して、しっかりとしたアナウンスが出来るように、日々のタイヤの点検&アドバイスに取り組んで行こうと思います。

 

洗車・カーコーティングのご利用は井出信石油を!
~静岡県富士市の洗車が自慢のガソリンスタンド~ Let’s car wash !!

友だち追加