特殊なオイル、ATFやCVTF交換とは?

こんにちは!

「富士市の洗車&カーコーティングが自慢のガソリンスタンド」

井出信石油の井出幸輝です(^^)

皆さんはATF/CVTFというオイルの交換をしたことはありますか?

あまり聞かないオイルかもしれませんが、ギアの変速やスムーズな加速を取り持つ重要なオイルで、定期交換がオススメです。

ATFやCVTFとは?

昔は、マニュアルといわれる車種が多く、一速一速加速するたびにクラッチを踏んでギヤを変えていました。(今でもトラックやスポーツカー・一部の車種で使われています。)

ところが、今ではほとんどの車がクラッチを踏まずに、停止時にD(ドライブ)やR(リバース)に変換するだけで走行でき、加速や減速も自動で変換されます。

これを作動させているオイルがATFやCVTFなのです。

ATF

AT(オートマチック・トランスミッション)に使われるオイルで、油圧の力で加速と同時にギアが一速一速自動で変換します。

CVTF

CVT(無段変速機)に使われるオイルで、油圧の力で変速します。CVTはATと違ってギアが無い為、変速によるショックが無くスムーズなシフト変換が特徴です。

2年または20,000kmでの交換がオススメ

ATF/CVTFはオイルの油圧によりスムーズな変速ができるので定期的な交換を推奨します。

交換にはこのようなトルコンチェンジャーと呼ばれるもので”全自動で交換”することができます。

ATやCVTは特殊な構造で出来ているので車から全量オイルを抜き取ることは不可能ですが、この機械を使用して”オイルを抜いて新しいオイルを入れる作業”を繰り返して、車内のオイルをキレイにしていきます。

全自動の交換なので「安心」&機械による点検が出来るので「正確」な診断ができます。

点検&交換に関しては作業不可なお車もありますので、まずはスタッフに声をお掛け下さい!

 

洗車&コーティングのご利用は井出信石油を!
~富士市の洗車が自慢のガソリンスタンド~ Let’s car wash !!

友だち追加