油膜取り

ギラつく油膜をポリッシャーを使って徹底除去!雨天時の運転が快適になります。

油膜とは?

自動車の排気ガスなどの油性の汚れが原因で窓にこびり付いてしまっている汚れです。時間の結果とともに固着し、雨天時の視界を妨げてしまうので、見えづらくなってしまった場合には「油膜取り」をオススメします。

油膜が固着すると、どうなるのか?

油膜とは、油性の汚れであるがゆえそのまま放置していると視界を妨げてしまいます。
上の写真をご覧ください。油膜が原因で雨天時に窓がこのような、視界不良の状態になってしまっています…。油膜が原因で、窓がべトーっとしてしまい、対向車のヘッドライトの光の乱反射を誘発してしまいます。
これでは安全な走行ができず、ギラギラとしたライトの光が窓一面に広がり、この対向車のヘッドライトの光の乱反射は、油膜の固着の代表的な症状であり、しっかりと除去しないと、雨天時の、特に夜間は運転しづらい状況になってしまいます…。

油膜の原因とは?

油膜の原因は自動車の排気ガス・ボディの古いワックス分などの油性の汚れが雨で流れて、窓に付着→固着してしまったものが原因です。
これらの汚れは時間の経過と共に固着し、取れない汚れへと進化してしまうので定期的な洗車(最低でもクリーナーを使用しての窓拭き)は必用です。
万が一、固着し見えづらい状態になってしまた場合には「油膜取り」にて作業する必要があります。

油膜除去作業

当店では油膜除去作業にポリッシャーという機械を使用します。丸いスポンジ部分に研磨剤を含むクリーナーを付けて丁寧に除去します。
※この際に、事前に付いている撥水剤も除去してしまいますのでご注意下さい。

窓ガラスを痛めずに、表面の汚れにのみ反応する作業ですので安心してご利用いただけます。

作業後には、一切水を弾かない、窓ガラスの上に何も乗っていない、新車時のようなプレーンの状態になります。

このまま乗るのも良いですが…別途、窓ガラスに撥水効果を持たせる「窓ガラスコート」をご利用いただくことで更にクリアな視界へとアレンジすることも出来ます。

価格

油膜という窓にこびり付いている油分の汚れをポリッシャーを使って強力に除去します。

サイズフロント前後or前3面全面
SS・S1,500円2,600円5,000円
M・L2,000円3,300円6,500円
LL・XL2,500円4,200円8,000円

関連記事